【コディアックキャンバス】Kodiak Canvas6人用ってどうなの? コットンテントを使ってみて分かった、良かった点と大変だった点

テントレビュー

こんにちは。
さいとう夫婦のはるぴんです。

今回は、コットンテント、コディアックキャンバスの6人用を使ってみて良かった点と大変だった点を勝手にレビューをしたいと思います。

良かった点

1番に良かったなと思うことは、
空間全体が広いということ。

四角い空間が、本当に見た目以上に広く感じます。

ワンポールテントと異なり、人が立って使う空間がしっかりと確保されているので
動きやすい上に、テントの中でのインテリアのセットもしやすいです。

室内は3m×3m、高さは2mほどあります。
コットが4つ分置けるサイズ感です。

真冬など、テントの中にギアを設置したいときなど、テントの中にこもるキャンプ時には特に便利だなと感じます。

夏、冬共に強いコットンテント

コディアックは生地が100%コットン(フロア以外)です。

夏は熱を遮断、冬は暖かい空気を外に逃がしません。
冬に暖房器具を使用した際に、とても実感しました。(暖房を使うときは換気をして自己責任でしっかりと注意して使いましょう)

また、テントの中でお湯を沸かしても、結露しにくいです。
夏は、大きな窓をすべてメッシュにすることで、通気性も良く快適に過ごすことができます。

とにかく、窓の大きさが素晴らしく大きい笑

風通りが良いなんてレベルではないくらい、
気持ち良く過ごせます。

水弾くHydra-shield使用

コディアックキャンバスのテントには、
水をはじいていくれるHydra-shieldが使用されており、
通気性も良く、防水性、耐久性に優れています。

が、

大雨での使用は、やはり厳しいかと思います。
タープで過保護張りがオススメです。

それか、雨キャンプ用に、
ポリかポリコットンのテントを別途で持っているのであれば、
そちらを大雨の予報があるときにはオススメします。

また、テントのフロアには防水用の強化ビニールが使用されているので安心。

私は、何度も、溶けた雪をタオルで吸い取りました。

いつもの汚れまでが、綺麗に落ちました笑

フレームの頑丈さ

テントに使用されているフレームは、
車のボディーにも使用されている頑丈な鋼鉄で作られているので、
そこそこの風でも強いほうかと思います。

一度、タープがすっ飛ばされる大風の日に当たりましたが、
テントは全然無事でした。
ただ、ペグが抜けそうな箇所もあったので、ペグダウンはしっかりと行ったほうが良いです。

フレームは折れそうな様子はなかったです。

設営のスピーディーさ

あとは、何といっても設営の速さがお気に入りポイントです。

2人で設営していますが、約15分くらいで完成します。

キャンプが初めての方でも、簡単に設営でいる方だと思います♪

大変だったこと

とにかく、重い笑

コットン生地というのは、こんなにも重いのか。。。。
というのが最初の印象ですね。

ずっと、スノーピークのエルフィールドでしたので、あの生地の軽さと比べたら
想像を超えていました。

ただ、その分、しっかりとしているので、そこは仕方ないということに
使っていけばいくほど実感。

あっと言う間に、そこはたいした問題ではなくなっていきましたが。

思い返すと、その重さに驚いたなといった感じです。

乾燥は必須

雨でぬれた場合は、しっかりと乾燥させないといけません。
濡れたまま放置するとカビが生えてしまいます。

防水効果も落ちますが、そこは、防水を復活させるべくアイテムも
色々と出ていますので、ある程度は復活させられたとしても

カビは天敵ですので、しっかり乾かすということが少し手間に感じるかもしれません。

また、雨にぬれると、更に重みは増します。(当たり前ですが。。。)

乾かす時間も結構かかりますので、そこは頑張るしかありません笑

ポリのテントも、雨でぬれると防水効果は落ちますが、コットンテントほど
カビがすぐに生えることはないです。

ただ、匂いがしたりじめッとした感じにはなるので、雨に濡れたときは乾かす!
これはオススメです。

長くきれいに使うためにも、メンテナンスとして必要かなと思います。

エルフィールドも雨のあと、ちょっと放置したら、臭くなってしまい、
全体を拭き掃除して乾かしました笑

まとめ

私としては、扱いやすいのは総合的に見れば化繊のテントのほうですが、
何故か、コットンテントは魅力的なのでやめられません笑

なんていうか、あのコットンの風合いと素材、さわり心地、ずしっとした重量感が好きです。

第2の家だなって感じます。

Amazon | GREEM MARKET(グリームマーケット) コディアックキャンバス フレックスボウ6人用デラックスキャンバステント GMU-1027 | GREEM MARKET(グリームマーケット) | テント本体
GREEM MARKET(グリームマーケット) コディアックキャンバス フレックスボウ6人用デラックスキャンバステント GMU-1027がテント本体ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

あとは、テント内コーデが好きなので、好きな雰囲気に合わせやすいことと、
広々とした空間がインテリアを置きやすくて気に入っています。

コットン生地のテントって、なんとなく、勝手なイメージですが、
遊牧民のようなイメージ笑

これは、本当にあくまでも私の勝手なイメージですが、白いしっかりとした布でできた、ゲルのようなテントって、かっこいいなって思っていて。
床にはギャッベを敷いて、遊牧民のような風合いを出してキャンプを楽しんでみたい!!

こんな夢に、少し近づけている気持ちになっているのです。。。

本物には程遠いですが。

それでは、コディアックキャンバスの勝手なレビューでしたが、少しでも参考になれば嬉しいです♡

それでは次の投稿でお会いいたしましょう♪

see you……..

タイトルとURLをコピーしました